FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

自然教育園で蘭写真展と早春の花観察 【2021/2月】

目黒駅から徒歩で10分ほどにある国立科学博物館附属の自然教育園に行ってきました。6日から始まった中山博史写真展「あらためて見つめたい東京の蘭」を見るのと、早春の花のうちユキワリイチゲを見るのが目的でした。

写真展の中山博史氏は「日本のランハンドブック①低地・低山編」(文一総合出版)の写真を撮っている写真家4人のうちの1人です。写真展には期待してましたが展示数も少なくちょつとがっかりでした。東京の蘭なので伊豆諸島も入りますので、おそらく島で撮ったと思われるランには興味を持ちました。

自然教育園は天然記念物と史跡に指定されています。大正時代までは一般の人が立ち入ることができなかった場所のため多くの自然が残されています。巨木も多くあり樹木に覆われたところです。そして植栽された山野草も多くありますので四季折々に観察できるところです。

4年前にユキワリイチゲという花を知りました。関東では自生してない植物で滋賀県や三重県方面には多くあるようでした。滋賀県の神社の境内では自生しているユキワリイチゲが簡単に観察できるようなので見に行こうと思いました。そんなときに花仲間の方から自然教育園で見ることができるとの情報をいただきましたので訪れました。ところが3月半ばだったので花は終盤で萎れかったものがわずかに残っていただけでした。

自生しているユキワリイチゲが見たいなと思いながらも行く機会がなく4年の歳月がたちました。今回、写真展を見に自然教育園に行くことになったので自然教育園のHPを見たらユキワリイチゲが見頃と出てましたので楽しみに出かけ奇麗に咲いた花を愛でることができました。でも、いつかは自生地を訪れたいなと思っています。


ユキワリイチゲ   武蔵野植物園には幾つもの群生地がありますが花の向きが通路側に向いていないのがほとんどでした。
IMG_1533_convert_20210209211225.jpg

こちらのユキワリイチゲは路傍植物園ので通路からすぐのところに咲いていました。こちらは群生とはなっていません。
P2098153_convert_20210209211403.jpg

花に近寄りました。薄紫色が素敵です。
P2098154_convert_20210209211428.jpg

セツブンソウ
P2098164_convert_20210209211558.jpg

フクジュソウ
P2098163_convert_20210209211534.jpg

ウグイスカグラ
P2098156_convert_20210209211509.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。

日本のランハンドブックの①低地・低山編の裏表紙の中側には「日本のランハンドブック全3巻、順次刊行!」と書かれています。ところが6年たっても一向に残りの2巻(②深山・高山編、③南方島嶼編)が出版されません。文一総合出版さん残りの2巻出版してください。多くの山野草愛好家が待っています。
スポンサーサイト



2021-02-10 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR