FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

どちらに行くか迷って でも遅かった 【2020/6月】

先日、キヨスミウツボが出ているとの情報が入りました。そしてすぐに別の情報が入りました。オニノヤガラが群生するほど出たとのこと。情報はちょうどカキランの観察に行く頃のことでした。

カキランの観察後は色々と所要があったり雨降りの天気もありましたのですぐに行くことができず、またイチヤクソウの情報もありましたのでイチヤクソウを愛でることを優先しました。キヨスミウツボの追加情報が入り、もう終盤だという。オニノヤガラの情報も入り、こちらも終盤だとのこと。もう遅いかも知れないが、行くしかない、さてどちらに行くか迷ってしまう。

コロナがなければ両方行く気になりますが、今は3密を避けるため電車に乗るのは空いている時間帯なので遅い時間になります。2か所は行けないのでキヨスミウツボかオニノヤガラか迷いました。キヨスミウツボは昨年の7月に着生ランの観察会に行った際に愛でていることを思いだしたのでオニノヤガラに行くことにしました。

オニノヤガラの里山には5年前にも来たことがあります。その時のオニノヤガラが出た所とは全然違っていました。終盤だという情報でしたが、もう終わりという感じでした。花の情報は入ったときに動かないとだめだなと思いました。


オニノヤガラ       左側に少し離れた所にも群生していました。
IMG_0001_convert_20200621051341.jpg

もう終わりでした。
IMG_7125_convert_20200621051523.jpg

IMG_7133_convert_20200621051555.jpg

5年前の同じ里山のオニノヤガラ
IMG_6847_convert_20200621051446.jpg

IMG_6846_convert_20200621051415_20200621062004548.jpg

山梨県のオニノヤガラ      緑色のオニノヤガラもあります。アオテンマと間違えやすいです。
P7072952_convert_20200621061403.jpg

山梨県のアオテンマ     アオテンマは茎まで緑色です。
_convert_20200621061130.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-06-21 : 東京の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

イチヤクソウ遅かった 【2020/6月】

高尾山に3週続けて訪れてもイチヤクソウは蕾のままで花の咲くのを見れませんでした。そんな時、ある里山のコクランの開花への生育情報を定期的に送ってくれる花友さんがイチヤクソウは見頃だったと教えてくれました。それなら近場の里山のイチヤクソウも咲いているだろうと思い出かけました。

やはり同じ花でも場所によって大きく違いが出るようです。訪れた里山では大きな株は咲き終わっていました。小さな株は咲き残りがあり、なんとかイチヤクソウの花を愛でることができました。やぶ蚊に襲われながら観察しました。この里山にもオオバノトンボソウが自生していますが、まだ咲いていませんでした。やはりオオバノトンボソウは7月に入らないと咲かないのかなと思いました。


イチヤクソウ       イチヤクソウは上から下へと咲くようです。上は咲き終わっています。
IMG_6265_convert_20200620212258.jpg

小さな株のイチヤクソウはまだ花を愛でることができました。
IMG_6267_convert_20200620212328.jpg

P6187086_convert_20200620212811.jpg

オオバノトンボソウ     三か所の里山で会ってますが、どこも同じような状況です。
P6187081_convert_20200620212531_202006202155043ac.jpg

P6187082_convert_20200620212723.jpg

ホタルブクロ
IMG_6275_convert_20200620212400.jpg

ヒヨドリバナ     頭花もまもなく咲きそうです。
IMG_6278_convert_20200620212430.jpg

オオバギボウシ    盛夏に咲くオオバギボウシですが花茎が立ってきました。
IMG_6279_convert_20200620212928.jpg

ヤブコウジ     秋から冬にかけて赤い実は目立ちますが、夏に咲く花には気づく人は少ないと思います。
P6187090_convert_20200620212857.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-06-20 : 東京の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

色鮮やかなカキランを愛でる 【2020/6月】

この春先からは3密などのコロナ対策として一人で花の観察をしていましたが、久々に二人の花友さんたちとご一緒にカキランの観察に行ってきました。当然、マスクをしての観察でした。

一部のカキランの株は盛期を過ぎていましたが、全体的には丁度見頃でした。色鮮やかなカキランを愛でることができました。花友さんの一人は初めてカキランを見たので感激していました。この花友さんは植物画を描くことも趣味としており国立科学博物館主催の植物画コンクールに入選する腕前の持ち主です。是非、色鮮やかなカキランを描いて来年のコンクールに応募してほしいと思いました。

カキランの自生地に来て驚いたことは人が多かったことでした。これまで何年も来てますが多くても2~3人いるかどうかでしたが、今回は10数人はいました。コロナの自粛生活から解放されたためなのか、この自生地が有名になったのか分かりませんが、次から次へと人が訪れていました。

カキランの観察後は尾根歩きをしました。尾根にはオオバノトンボソウが多くありましたが、まだ花は咲いてなく蕾でした。途中、5人くらいのグループがいて何やら我々の行動を見ていました。そしてこのグループの前を通ったら、グループの一人の方が花友さんに向かって〇〇さんではないですかと声をかけてきました。なんと花友さんのボランティア活動(以下「ボラ活」という。)仲間の方でした。何しろ花友さんは複数の山でのボラ活をしていますので人脈が色々とおありです。

このグループの方たちは寄生植物を探していたそうで、我々も寄生植物を探しているのかと行動を見ていたとか。この周辺にはよく観察に来ているようでした。ここで花友さんの人脈発揮で、この周辺に自生し興味のあった3つの植物の自生地をお聞きしました。是非、花の時期に訪れたいと思います。情報をいただいたのでグループの方たちにはオオバノトンボソウの群生地を教えました。

オオバノトンボソウはどの株も花が咲くまでまだ時間がかかりそうでした。そして尾根を歩いているときに、二人の花友さんが横道に入ってからすぐに呼び戻されました。行ってみるとトサノクロムヨウランの殻が残っていて、その殻の根元には二つの茎が伸びていました。こんな状態の様子を見られたのは珍しいことでした。花友さんたちの眼力は凄いなと思いました。

下山してから植物画の花友さんが、ある自然公園に二週間前に行ったらオオバノトンボソウが今日見たのと同じようだったので、もしかしたら咲いているのではとの発言がありました。それは行かなければと自然公園に移動しました。オオバノトンボソウの個体数は多かったですが残念ながら咲いていませんでした。この自然公園にはある植物の変種があるのを知っていましたので、二人の花友さんに花はまだですが自生場所へ案内しました。久々に花仲間との観察は楽しい一日でした。


カキラン      陽が当たらないところのカキランはやや赤みがあるようです。
P6167056_convert_20200617062622.jpg

P6167052_convert_20200617062528.jpg

IMG_6260_convert_20200617062440.jpg

IMG_6245_convert_20200617062142.jpg

IMG_6246_convert_20200617062207.jpg

IMG_6256_convert_20200617062340.jpg

IMG_6253_convert_20200617062242.jpg

P6167054_convert_20200617062555.jpg

IMG_6254_convert_20200617062313.jpg

スズサイコ    ボラ活の花友さんは目がよいので見つけました。私には見えませんでした。
IMG_6257_convert_20200617062415.jpg

ウツボグサ
P6167062_convert_20200617063013.jpg

オカトラノオ
P6167072_convert_20200617062831.jpg

オオバノトンボソウ     咲くまでには10日以上かかるかな・・・
P6167070_convert_20200617134027.jpg

キンランの果実
P6167079_convert_20200617062728.jpg

トサノクロムヨウランの新しい茎(ピンボケ写真です)
P6167077_convert_20200617062805.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-06-17 : 東京の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

5年待ちました ようやく咲きました 【2020/6月】

2015年6月5日、花友さんたちと花散策をしました。そのときに、ここが以前ムラサキムヨウランが出たところだと花友さんを案内したら、何とムラサキムヨウランが咲いていました。もうびっくりでした。以前に見たときは蕾から開きかけでした。その当時は土日だけの山歩き花観察だったので開花した姿の花は見逃してしまいました。ですから開いた姿のムラサキムヨウランに感激でした。

それから毎年、出ているかなと自生場所を確認してきました。今年は駄目だった・・・来年は・・・と思いながら5年たちました。そして今年、下見の第1回目は5月下旬でした。出てました。ムラサキムヨウランの株がついに出ました。1週間後の第2回目の下見では蕾の一つが大きくなっていて、まもなく咲きそうでした。そして観察日は4日後と決めました。

6月9日は東京でも30度を超す暑さとなりました。5年ぶりにムラサキムヨウランと再会しました。この5年間待ち続けたムラサキムヨウランと会えた嬉しさのためか撮った写真はピンボケや露出の不手際など、どうにもならないものばかりでした。他の花はそれなりに撮れていたのにムラサキムヨウランだけは興奮していたのかも・・・?

5年待ち続けたムラサキムヨウランに会えて満足な1日となり下山しました。高尾山口駅の売店が開いていましたので缶ビールを買い電車の中で一人乾杯をして帰りました。


ムラサキムヨウラン
P6097034_convert_20200610064934.jpg

P6097024_convert_20200610064851.jpg

P6097029_convert_20200610133507.jpg

ムヨウラン
IMG_6241_convert_20200610064624.jpg

ウメガサソウ
IMG_6244_convert_20200610064655.jpg

ヒトツボクロ
P6097041_convert_20200610065021.jpg

P6097043_convert_20200610065057.jpg

テイカカズラ
P6097049_convert_20200610065121.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-06-10 : 未分類 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

また来ました高尾山 【2020/6月】

富士山方面でも色々な花が咲いているだろうと思いますが、山梨県のHPを見ると6月18日までの新型コロナウイルスの感染拡大防止として、東京都などの在住者は観光・レジャーなどのため本県に来訪しないよう協力を要請しますと書かれていました。富士山方面に行かれないのなら東京都内の山しか・・・そうなるとまた高尾山へ。

3密を避けて電車のすいている時間帯に乗車して高尾山の花散策をしてきました。今回は次の次くらいに咲く植物が出ているかどうかの確認もしてきました。ツチアケビは確認できましたが、シロテンマは確認できませんでした。植物も毎年でてくるもの、数年おきのもの、忘れた頃にでてくるもの、色々あるので常に観察してないと見逃してしまうことになってしまいます。

サイハイランは終わりだと思っていましたが、綺麗に咲いた株がまだありました。ツレサギソウはもう終盤でしたが、上のほうの花はまだ何とか見れるものでした。1週間前のムヨウランは、まだ固い蕾で咲いていたのは1輪だけでしたが、もう見頃となっていました。

イナモリソウ、ホシザキイナモリソウ、ワニグチソウも咲いていました。花を愛でているときはコロナのことは忘れてしまいますが、下山すると感染予防のことが頭をよぎります。薬王院でコロナが早く終息をするように願いいたしました。


サイハイラン
P6056990_convert_20200606154432.jpg

ツレサギソウ
IMG_6225_convert_20200606163659.jpg

ムヨウラン
IMG_6219_convert_20200606154217.jpg

イナモリソウ
P6056979_convert_20200606154318.jpg

ホシザキイナモリソウ
P6057003_convert_20200606154708.jpg

ノイバラ
P6056993_convert_20200606154459.jpg

スイカズラ
P6056994_convert_20200606154530.jpg

ワニグチソウ
P6057000_convert_20200606154636.jpg

オカタツナミソウ
IMG_6214_convert_20200606165012_20200606165315ca7.jpg

《番外編》
前を歩いていた方が停まり、動物がいますと教えてくれました。アナグマかな?
P6057006_convert_20200606154739.jpg

これも前を歩いていた方(上の方とは別の人)が教えてくれました。蛾だそうです。名前も教えてくれたのですが忘れてしまいましたが、野繭を作る蛾で羽化したばかりで羽を乾かしているところだそうです。
P6057010_convert_20200606154813.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-06-06 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR