山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

高尾山 【H29/4月】

夕方から雨になる天気予報でしたが、高尾山に花仲間と3人で行ってきました。高尾山を登ったり、下りたり、また登ったりと四方八方歩き廻りました。

今回、ご一緒した人は、高尾山の花の著名な先生2人とご親交があり植物の知識が豊富な方、そしてもう一人は花への視覚に優れ、花を見つけるのが凄い方との花観察でした。この組み合わせでの観察は2回目でした。

先日、高尾山で見つけたスミレは観察会仲間のスミレに詳しい方から、ヒナスミレとナガバノスミレサイシンとの交雑と推測されるとご意見をいただいておりました。
P4101801_convert_20170418135718.jpg
さらに今回、植物に詳しい方の観察により交雑種のお墨付きをしていただこうとご同行していただきました。専門家が持つルーペで毛などを調べ間違いなく交雑種だと判定していただきました。

また、昨年、観察会仲間の方から場所を教えていただいたスミレが見つけられなかったので、そのスミレを知っているご同行者に案内していただきました。そして今回、交雑種のスミレと思われる葉を見つけました。来年が楽しみですが、それまで盗掘されないことを願っています。高尾山は新緑も綺麗でした。


ミドリニリンソウ     今回は3ヵ所で愛でることができました。
P4171922_convert_20170418113916.jpg

P4171923_convert_20170418113941.jpg

P4171967_convert_20170418115128.jpg

マルバスミレ
P4171940_convert_20170418114142.jpg

ニオイタチツボスミレ    同行の2人は嗅いだら匂いがしたと言ってましたが、嗅ぎましたが臭いは感じませんでした。
P4171946_convert_20170418114424.jpg

オトメスミレ    えーこんなところにあるの~と思われる所に咲いていました。視覚に優れた方が見つけました。
P4171949_convert_20170418114534.jpg

花弁は白、距は紫です。
P4171950_convert_20170418114554.jpg

オカスミレ    側弁以外には毛がありませんでした。
P4171953_convert_20170418114636.jpg

エイザンスミレ
P4171955_convert_20170418114710.jpg

ナガバノスミレサイシン
P4171963_convert_20170418114930.jpg

こちらのナガバノスミレサイシンは白花です。
P4171962_convert_20170418114900.jpg

ヒカゲスミレ
P4171965_convert_20170418115057.jpg

タカオスミレ
P4171969_convert_20170418115200.jpg

ナガバノアケボノスミレ     アケボノスミレとナガバノスミレサイシンとの交雑種
P4171957_convert_20170418114825.jpg

こんなスミレも観察しました。    今年は花を咲かすでしょうか。
P4171956_convert_20170418114748.jpg

長野県で最初に見つかったスミレです。
P4171970_convert_20170418115243.jpg

今回見つけたスミレです。オクタマスミレと思われます。
P4171941_convert_20170418114214.jpg

ヒメフタバラン   丈は五センチあるかどうか。本当に小さなランです。
P4171938_convert_20170418114109.jpg

P4171934_convert_20170418114043.jpg

ヤマウツボ
IMG_3164_convert_20170418113526.jpg

ムサシアブミ
P4171920_convert_20170418113839.jpg

レンプクソウ   周りに4個、頂に1個、計5個の花を付けます。
P4171914_convert_20170418113645.jpg

ジロボウエンゴサク
P4171911_convert_20170418113614.jpg

マルバコンロンソウ
P4171916_convert_20170418113717.jpg

イチリンソウ
P4171919_convert_20170418113814.jpg

エンレイソウ
P4171964_convert_20170418115019.jpg

チゴユリ
P4171945_convert_20170418114351.jpg

センボンヤリ
P4171948_convert_20170418114454.jpg

ツクバキンモンソウ
P4171942_convert_20170418114246.jpg

ミヤマシキミ
P4171917_convert_20170418113743.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。




























2017-04-18 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京羽村 草花丘陵 【H29/4月】

シハイスミレを愛でに草花丘陵を訪れました。これまでシハイスミレを愛でたのは秋川丘陵でしたが、昨年秋に羽村の多摩川河川敷にカワラノギクを愛でに行った際に草花丘陵も歩くことになったので、草花丘陵のことをネットで調べていた時にシハイスミレが咲くことを知りました。シハイスミレが咲く頃に訪れようと思っていました。

シハイスミレを見るのには少し時期が遅すぎるかなと心配しながら歩きました。沢沿いにはニリンソウも咲いていました。タチツボスミレが登山道沿いにたくさん咲いていました。羽村神社の手前で干からびた花を付けたシハイスミレが現れました。あーこりゃ駄目だ、遅かったなと思いました。そこから浅間岳の山頂に向かうと、なんと、まだ綺麗に咲いたシハイスミレが咲いていました。山頂の東屋のベンチにザックを置き、カメラを持ってシハイスミレを撮りました。

山頂のまき道や周辺のシハイスミレも皆咲き終わりかけでした。とりあえず咲いているシハイスミレを愛でることができたので東屋で冷えた缶ビールで祝杯をし昼食を摂りました。日曜日なので登山者が何人も登ってきました。比較的人気のあるコースのようでした。

今回は大澄山まで歩きましたが、幹線道路を渡ったところから道標が見つからず山に入る道を探し登りましたが、尾根上には道が幾つもあり大澄山まで辿り着けず行ったり来たりの山歩きとなりました。別の道を行ったらお墓の横に出て、そこに道標があり、ようやく山頂に着きました。


シハイスミレ    綺麗な色をしたスミレです。うっとりしました。
IMG_3157_convert_20170416220700.jpg

IMG_3158_convert_20170416220749.jpg

IMG_3159_convert_20170416220814.jpg

IMG_3160_convert_20170416220851.jpg

IMG_3161_convert_20170416220922.jpg

IMG_3162_convert_20170416220955.jpg

IMG_3163_convert_20170416221027.jpg

P4161886_convert_20170416221454.jpg

P4161891_convert_20170416221523.jpg

タチツボスミレ
P4161872_convert_20170416221102.jpg

こちらのタチツボスミレは花の中がニオイタチツボのように白く抜けています。
P4161873_convert_20170416221131.jpg

こちらのタチツボスミレは花弁が極端に細いです。
P4161907_convert_20170416222028.jpg

ニオイタチツボスミレ
P4161894_convert_20170416221657.jpg

シロバナタチツボスミレ
P4161902_convert_20170416221956.jpg

外来種のスミレのようです ?   浅間岳の山頂近くに咲いていました。
P4161896_convert_20170416221734.jpg

ニリンソウ
P4161875_convert_20170416221204.jpg

ムラサキケマン
P4161877_convert_20170416221237.jpg

シャガ
P4161879_convert_20170416221310.jpg

チゴユリ
P4161881_convert_20170416221345.jpg

ミツバツツジ
P4161884_convert_20170416221426.jpg

ヤマツツジ
P4161893_convert_20170416221627.jpg

ジロウボウエンゴサク ?
P4161899_convert_20170416221802.jpg

浅間岳山頂
P4161892_convert_20170416221556.jpg

大澄山への途中に迷ったところに三角点がありました。
P4161900_convert_20170416221852.jpg

大澄山山頂
P4161901_convert_20170416221925.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。



















2017-04-17 : 東京の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 景信山~小仏城山 【H29/4月】

スミレの季節のため天気が良いとつい高尾方面に向かってしまいます。今回は景信山と小仏城山のスミレ探訪です。高尾駅から小仏行の10時12分のバスは平日の遅めの時間帯なので空いているかと思いましたらバス停には長蛇の列。バスも2台運行でした。

今回歩いたコースの中でヒナスミレが一面に咲いているところがありました。そして、その隣がエイザンスミレが沢山咲いていました。こうなると、この2つのスミレの交雑種であるオクタマスミレがあってもおかしくない環境です。付近を見渡し懸命に探しましたが空振りでした。

エイザンスミレも花の色はピンク系、黄色系と場所により多彩だと思いました。アカネスミレも目につくように咲いていました。オカスミレとの違いを見るには毛の有無なのでルーペがあるとよく分かります。

日影林道のタカオスミレも先週はまだ咲いていませんでしたが、今回は至る所に咲いていました。高尾山、高尾山系はスミレの最盛期のようです。


エイザンスミレ
P4131848_convert_20170414233134.jpg

IMG_3123_convert_20170414231317.jpg

IMG_3151_convert_20170414232528.jpg

IMG_3125_convert_20170414231357.jpg

P4131851_convert_20170414233301.jpg

IMG_3149_convert_20170414232453.jpg

IMG_3143_convert_20170414232336.jpg

IMG_3133_convert_20170414231618.jpg

P4131852_convert_20170414233350.jpg

ヒナスミレ
IMG_3139_convert_20170414232039.jpg

IMG_3140_convert_20170414232305.jpg

P4131856_convert_20170414233549.jpg

タカオスミレ
IMG_3155_convert_20170414232725.jpg

ヒカゲスミレ    少しタカオスミレが混じっているようですが。
IMG_3154_convert_20170414232648.jpg

アケボノスミレ
IMG_3118_convert_20170414231124.jpg

ニョイスミレ(ツボスミレ)
P4131838_convert_20170414232914.jpg

ニオイタチツボスミレ
P4131847_convert_20170414233055.jpg

P4131870_convert_20170415105627.jpg

ナガバノスミレサイシン
P4131840_convert_20170414232958.jpg

P4131862_convert_20170414233917.jpg

マルバスミレ
P4131867_convert_20170414234152.jpg

アカネスミレ
IMG_3148_convert_20170414232420.jpg

側弁や茎にも毛が見えます。
IMG_3148_convert_20170415112513.jpg

オカスミレ    花は少し傷んでいます。
P4131868_(2)_convert_20170415110426.jpg

茎には毛がありません。
P4131868_convert_20170414234330.jpg

コスミレ ?
P4131835_convert_20170414232809.jpg

なんとなく花はナガバノスミレサイシンかなと思うのですが、葉は違うような感じで……?
P4131863_convert_20170414233953.jpg

ヒトリシズカ
IMG_3116_convert_20170414231040.jpg

ミツマタ
IMG_3121_convert_20170414231226.jpg

ミヤマエンレイソウ
IMG_3130_convert_20170414231536.jpg

シュンラン
P4131858_convert_20170414233825.jpg

フタバアオイ
P4131871_convert_20170414234525.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。



















2017-04-15 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山 【H29/4月】

用事が予定より早く終わったので、どうするかと考えたら火曜日の観察会は雨で中止になるだろうから高尾山に行きスミレ探訪をしようと出かけました。高尾山口駅に11時頃と遅い出発になりましたが6号路から入山しました。ニリンソウも咲き揃っていました。

ナガバノスミレサイシン、タチツボスミレなどの群生したところも何か所かあり、写真を撮るのに歩く速度も遅くなりがちでした。高尾山周辺のスミレ探訪をしましたが、スミレの宝庫のコースはあまり知られていないので滅多に登山者も歩いていませんが、今回はスミレを見に来ていた方が7、8人いました。

タカオスミレの状況を確認するため1号路で下山しました。先週、あるスミレが盗掘にあったのか、それともまだ出ていないのかと気をもんだスミレの確認もしました。ようやく葉が出てきました。昨年よりかなり成長が遅いようです。

スミレの名前を同定するのは難しいです。図鑑にでている写真とほほ同じだと分かりますが、花の色が少し違ったり、葉の形や色が違うと迷ってしまいます。「増補改訂 日本のスミレ(いがりまさし著)」と「スミレ ハンドブック(山田隆彦著)」を利用していますが、なかなかスミレの特徴等を覚えられません。ブログに掲載しているものにも誤りがあるかも知れません。


ナガバノスミレサイシン     たくさんかたまって咲いていました。
IMG_3090_convert_20170411132708.jpg

このナガバノスミレサイシンは青紫色が濃いです。
P4101831_convert_20170411134554.jpg

このナガバノスミレサイシンは青紫色がやや濃いようです。
IMG_3103_convert_20170411133023.jpg

このナガバノスミレサイシンは青紫色がやや薄くなっています。
P4101817_convert_20170411134234.jpg

このナガバノスミレサイシンは白に近い色でした。
IMG_3114_convert_20170411133315.jpg

マルバスミレ
IMG_3092_convert_20170411132754.jpg

ニオイタチツボスミレ    香りがするそうですが嗅いだことがありません。
IMG_3108_convert_20170411133129.jpg

オトメスミレ   真っ白な花弁が綺麗でした。かたまって咲いていました。
P4101809_convert_20170411133929.jpg

オトメスミレの距は紫色をしています。
IMG_3098_convert_20170411132950.jpg

タチツボスミレ
IMG_3093_convert_20170411132833.jpg

アオイスミレ   側弁が前側に突き出すのが多いようです。
P4101782_convert_20170411133402.jpg

こちらのアオイスミレは花弁が白いです。
P4101811_convert_20170411134044.jpg

コスミレ
P4101810_convert_20170411134005.jpg

エイザンスミレ
P4101797_convert_20170411133638.jpg

P4101822_convert_20170411134308.jpg

P4101826_convert_20170411134456.jpg

P4101830_convert_20170411134529.jpg

エイザンスミレとタチツボスミレが並んで咲いていました。
P4101823_convert_20170411134343.jpg

ヒナスミレ
IMG_3104_convert_20170411133057.jpg

IMG_3110_convert_20170411133209.jpg

P4101802_convert_20170411133750.jpg

P4101804_convert_20170411133858.jpg

これもヒナスミレなのでしょうか?   葉がやけに大きく、葉の表面もヒナスミレとは違う感じと思えるのですが・・・・・。
P4101798_convert_20170411133715.jpg

ニリンソウ   6号路に咲いていました。花盛りです。
P4101786_convert_20170411133453.jpg

花弁に見える萼片は一般的には5枚ですが、6号路のニリンソウは7、8枚のが多くありました。
P4101787_convert_20170411133529.jpg

カントウミヤマカタバミ    この花も6号路に咲いていました。
P4101790_convert_20170411133607.jpg

ツチグリ   花ではなく、きのこです。初夏頃からよく見かけますが、ずいぶん早く見られました。
P4101803_convert_20170411133827.jpg

カタクリ   高尾山の山頂近くに咲いていました。ここに以前はカタクリがなかったと思いましたが・・・・。誰かが植えたのかな?
IMG_3112_convert_20170411133242.jpg

ジュウニヒトエ
IMG_3094_convert_20170411132916.jpg

ヨゴレネコノメ     ピンボケの写真ですがドアップで撮ってみました。
P4101816_convert_20170411134152.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。




























2017-04-11 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

奥多摩 馬頭刈尾根つづら岩 【H29/4月】

第2週の土曜日は奥多摩の清掃ボランティアの活動日で、今回は馬頭刈尾根のつづら岩に行きました。小雨が降るなか雨具を着て歩きましたが、途中で雨も止みました。

武蔵五日市駅からバスに乗り大岳鍾乳洞入口で下車し、林道大岳線を歩きました。大岳鍾乳洞の前を通って、山道に入りました。沢沿いに沿った登山道で大きな滝の「大滝」を経て馬頭刈尾根に向かいました。尾根に出てから富士見台を通ってつづら岩に向かいました。

一昨年の同時期にはイワウチワが満開に咲いていたというつづら岩でしたが、今回は寒さの影響のためか蕾さえまだ付いていない状況でした。つづら岩から「綾滝」、「天狗滝」を見て千足に下山しました。今回は大滝、綾滝、天狗滝の3つの大きな滝を見ましたが、いづれもみごとな滝でした。

イワウチワは残念ながら見られませんでしたが、色々な花が清掃活動の傍ら見ることができました。沢沿い登山道では至る所でハナネコノメの赤い葯がついた花がまだ見られました。登山道から投げ捨てられた空缶やペットボトルが相変わらず多くありました。ゴミは持ち帰るという山のマナーを守ってほしいと思います。


アオイスミレ     白い花弁に紫色の距、ぱっと見たときにオトメスミレかと思いました。
P4081739_convert_20170409102912.jpg

仲間の植物に詳しい方からアオイスミレと言われました。よく見ると側弁があまり開いていませんでした。
P4081741_convert_20170409102955.jpg

こちらはすぐにアオイスミレと分かりました。花弁の色も紫色がでています。
P4081745_convert_20170409103147.jpg

タチツボスミレ
P4081755_convert_20170409103543.jpg

アカフタチツボスミレ     葉の表面の葉脈に沿って赤い斑が入っています。
P4081756_convert_20170409103616.jpg

ナガバノスミレサイシン
P4081760_convert_20170409103914.jpg

エイザンスミレ     樹の上に咲いていました。
P4081776_convert_20170409134325.jpg

ヤマエンゴサク
P4081742_convert_20170409103033.jpg

ミヤマキケマン
P4081752_convert_20170409103425.jpg

ハナネコノメ
P4081768_convert_20170409104155.jpg

ツルネコノメソウ
P4081762_convert_20170409104033.jpg

ヨゴレネコノメ
P4081765_convert_20170409104118.jpg

ヒトリシズカ
P4081746_convert_20170409103236.jpg

P4081758_convert_20170409103756.jpg

アズマイチゲ     天気が悪いので開花していませんでした。
P4081744_convert_20170409103109.jpg

ヤマルリソウ
P4081750_convert_20170409103311.jpg

ハシリドコロ
P4081761_convert_20170409103954.jpg

セリバヒエンソウ
P4081751_convert_20170409103347.jpg

コチャルメルソウ
P4081777_convert_20170409104425.jpg

シュンラン
P4081771_convert_20170409104302.jpg

ミミガタテンナンショウ
P4081780_convert_20170409104541.jpg

カキドオシ
P4081757_convert_20170409103706.jpg

ヒメレンゲ ?
P4081754_convert_20170409103458.jpg

大滝
P4081759_convert_20170409103838.jpg

綾滝    ガスっていたので写真はよく撮れていませんでした。
P4081770_convert_20170409104229.jpg

ゴミの選別作業    ゴミは山に捨てずに持ち帰えるのが山のマナーです。
P4081781_convert_20170409104609.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。































2017-04-09 : 奥多摩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR