山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

東京八王子 長池公園 【H29/10月】

一昨年の11月に小山内裏公園から長池公園へ歩いた時に、長池公園にハチオウジアザミがあることを知りました。昨年、開花状況を問い合わせたら、もう咲き終わっていますとのことで愛でることができませんでした。今年こそと思い昨年より早く問い合わせしたら、咲いていますとのことでしたので長池公園に出かけました。

ハチオウジアザミは、八王子市内で発見された新種のアザミにハチオウジアザミという名が付けられ2012年2月に発表されたそうです。ネットで、「国立科学博物館植物研究部 日本のアザミ」でハチオウジアザミの情報を見ると、八王子市の谷戸に生え、ストロンをつけ多数の小型の頭花を下向きに咲かせるアザミで、日本固有種で、八王子市に分布、カガノアザミ亜節では湿地に生えてストロンを伸ばす種は本種以外にないと書かれています。

アザミに関しては、ノハラアザミ、トネアザミ(タイアザミ)、アズマヤマアザミの区別もあやふやな知識しか持っていないので、ハチオウジアザミを愛でても、どこがどう違うのか分かりませんでした。確実に分かるのはフジアザミです。

長池公園内を散策しましたが、スズメバチの注意書きが何か所にかありました。樹液を吸っているスズメバチがかたまっているところの横を通りましたが、スズメバチは樹液を吸うのに夢中のようで一匹もこちらに飛んできませんでした。キツリフネの群生地があったり野の花も楽しめました。


ハチオウジアザミ
IMG_3851_convert_20171006105832.jpg

IMG_3832_convert_20171006105325.jpg

IMG_3852_convert_20171006105901.jpg

IMG_3853_convert_20171006105931.jpg

IMG_3857_convert_20171006110001.jpg

IMG_3858_convert_20171006110030.jpg

PA050669_convert_20171006110100.jpg

PA050670_convert_20171006110128.jpg

PA050678_convert_20171006110159.jpg

PA050682_convert_20171006110229.jpg

ノハラアザミ
IMG_3837_convert_20171006105503.jpg

ゲンノショウコ
IMG_3836_convert_20171006105406.jpg

キツリフネ
IMG_3838_convert_20171006105534.jpg

IMG_3841_convert_20171006105600.jpg

ヤマハッカ
IMG_3846_convert_20171006105730.jpg

ホトトギス
IMG_3842_convert_20171006105632.jpg

IMG_3844_convert_20171006105702.jpg

ガマズミの実
IMG_3848_convert_20171006105800.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
















2017-10-06 : 東京の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京瑞穂 耕心館 【H29/10月】

新聞に「絶滅危惧の花 黄色く鮮やか」との見出しで、瑞穂町の社会教育施設「耕心館」で環境省のレッドリストで絶滅危惧2類に指定されているキイジョウロウホトトギスが、鮮やかな黄色い花を咲かせているとの記事が掲載されていました。

キイジョウロウホトトギスは紀伊半島が自生地なので、当然植栽物だと思いましたが、本物の花を見てみたいと耕心館を訪れました。耕心館の庭は山野草園になっていてボランティアの方々が植物の管理をしていました。

色々な山野草があり四季折々の花が楽しめるそうです。隣に郷土資料館があり、資料館の2階で四季に咲く花の写真展が開催されていました。図鑑だと花の大きさなどがイメージできませんが、植栽であっても本物なので花のイメージが作れました。いつになるか分かりませんが、紀伊半島に出かけて自生のキイジョウロウホトトギスを愛でてみたいと思いました。

なお、瑞穂町には都内最大級のカタクリ群生地「さやま花多来里の里」があるそうです。約3000平方メートルの広さに20万本のカタクリが咲くそうです。春に訪れてみたいと思いました。


キイジョウロウホトトギス
IMG_7839_convert_20171004113521.jpg

IMG_7871_convert_20171004114523.jpg

IMG_7844_convert_20171004113743.jpg

イワシャジン
IMG_7841_convert_20171004113611.jpg

IMG_7842_convert_20171004113637.jpg

ナツエビネ    高知産のナツエビネだそうです。
IMG_7843_convert_20171004113710.jpg

タヌキマメ
IMG_7846_convert_20171004113818.jpg

IMG_7848_convert_20171004113842.jpg

サワギキョウ
IMG_7850_convert_20171004113916.jpg

ウメバチソウ
IMG_7854_convert_20171004113946.jpg

ベニバナヤマシャクヤクの実
IMG_7856_convert_20171004114025.jpg

ハナツリフネソウ    外国のツリフネソウだそうです。距はキツリフネと同じ巻かずに垂れています。
IMG_7858_convert_20171004114108.jpg

タカクマホトトギス    鹿児島県の大隅半島にある高隈山に自生しているホトトギスだそうです。
IMG_7861_convert_20171004114141.jpg

キレンゲショウマ     この花が見たくて9年前くらいに四国の剣山に行きました。
IMG_7863_convert_20171004114307.jpg

ヤマトリカブト
IMG_7865_convert_20171004114338.jpg

キバナアキギリ
IMG_7867_convert_20171004114411.jpg

クロバナヒキオコシ    この花を愛でに昨年、妙高高原に行きました。小さな花です。
IMG_7868_convert_20171004114451.jpg

センジュガンピ
IMG_7872_convert_20171004114600.jpg

ノジスミレ? の種子    耕心館から箱根ヶ崎駅に向かって歩いていたら歩道にありました。
PA030667_convert_20171004114638.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。














2017-10-04 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

静岡方面 【H29/10月】

10月の初日に静岡方面の山に行ってきました。お目当ての花はアケボノシュスランでした。ある山にアケボノシュスランがあるとの情報を得ましたので遠征をしてきました。

しかし、ある山のどこに自生しているのかも分からないため空振り覚悟の花探訪でしたが、できればアケボノシュスランを愛でてみたいというのが本音です。アケボノシュスランは、これまでに高尾山と房総で愛でています。今回、アケボノシュスランに出会えれば3ヵ所目となりますので、登山道を歩きながら右を見て、左を見てと懸命に探しました。コースが違っていたり、登山道から離れて自生していたら、まず空振りになるので、なんとか歩いているコースの登山道沿いに自生していることを願いながら歩きました。

神様は見捨てないでくれました。願いが叶いました。登山道脇の草むらに1株、花の咲いたアケボノシュスランが目に飛び込んできました。周辺を見渡しましたが他にはありませんでしたが、ようやく出会えたことを嬉しく思いました。その後、30mほど歩くと登山道の法面に1株咲いていました。そして50mほど歩くと、何と群生していました。このような光景に出会え最高の感激でした。

登山道を歩いてアケボノシュスラン以外の花も色々と愛でることができました。秋の一日、山に咲く花との出会いを楽しむことができました


アケボノシュスラン    淡紅色を帯びた白系の花です。いい色をしています。
PA010646_convert_20171002174234.jpg

PA010648_convert_20171002174308.jpg

PA010651_convert_20171002174339.jpg

PA010652_convert_20171002174409.jpg

PA010658_convert_20171002174443.jpg

PA010660_convert_20171002174525.jpg

このアケボノシュスランはシロバナのような感じです。
PA010663_convert_20171002174549.jpg

IMG_7828_convert_20171002173521.jpg

IMG_7826_convert_20171002173446.jpg

ゲンノショウコ
IMG_7797_(2)_convert_20171002172844.jpg

タチフウロ
IMG_7809_convert_20171002173208.jpg

ベニバナボロギク
IMG_7799_convert_20171002173000.jpg

アキノキリンソウ
PA010617_convert_20171002173718.jpg

イズコゴメグサ
PA010628_convert_20171002173934.jpg

花をアップで撮ってみました。
PA010629_convert_20171002174001.jpg

ノコンギク
PA010620_convert_20171002173817.jpg

ノハラアザミ ?
IMG_7801_convert_20171002173058.jpg

ツルニンジン
PA010635_convert_20171002174122.jpg

ホトトギス
PA010614_convert_20171002173639.jpg

ヤマハッカ
PA010619_convert_20171002173745.jpg

オトメカンアオイ ?
PA010638_convert_20171002174203.jpg

マツムシソウ
IMG_7817_convert_20171002173404.jpg

IMG_7803_convert_20171002173137.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。


























2017-10-02 : 静岡の山(南ア、富士山麓を除く) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京近郊の里山 【H29/9月】

昨年の10月と11月に東京近郊の里山に花が終わり小花柄が30センチを超え紡錘形果実をつけた植物を探しました。その植物が花を咲かせる頃になりましたので、里山に向かいました。

この紡錘形果実をつけた植物はクロヤツシロランとアキザキヤツシロランでした。このランは小さく見つけにくいので果実の時期に自生している場所を特定して、花の時期にその近辺を探すことでした。一年がかりの花探索でした。

昨年見つけた紡錘形果実
(H28/10/26撮影)  クロヤツシロランという情報を得て探しました。
PA260814_convert_20170930101955.jpg

(H28/11/10撮影)   アキザキヤツシロランという情報を得て探しました。
PB100934_convert_20170930102018.jpg

PB100937_convert_20170930102040.jpg

まず最初にアキザキヤツシロランの自生地に行きました。そこには既に人がいました。なんと花友さんでした。この花友さんは「花探の天才」と仲間内で言われているので心強い味方です。小花柄が30センチを超え紡錘形果実をつけたときの自生地の手書き地図を見ながら二人で探索しました。小さい花とは知っていましたが、果実の大きさからして一円玉くらいはあるのかなと思っていました。なかなか見つけることはできませんでしたが、やはり「花探の天才」が本領発揮しました。花を見つけました。花を見て、もうビックリでした。思っていた以上に小さな花でした。とても一人だったら見つけられなかったと思いました。その後も花友さんは、咲き終わった株や咲いている株を見つけました。

次にクロヤツシロランの自生地に移動しました。ここでも花友さんはすぐに見つけましたが、残念ながらロープが張られた遊歩道からは後ろ姿しか見れませんでした。したがって写真も撮れませんでした。その後も二人で探しましたが林の中が比較的暗く、今回はあきらめて探索を終了しました。

帰宅してからSDカードから写真をパソコンに入れて拡大して見ながら「日本のラン ハンドブック①低地・低山編」(文一総合出版)と照らし合わせると、アキザキヤツシロランと思っていた花は、なんとクロヤツシロランでした。この自生地のランはアキザキヤツシロランとの情報だったので、ちょつと驚きでした。


クロヤツシロラン
IMG_7789_convert_20170930100040.jpg

IMG_7790_convert_20170930100133.jpg

P9290588_convert_20170930100245.jpg

IMG_7793_convert_20170930100159.jpg

IMG_7795_convert_20170930100223.jpg

咲き終わったクロヤツシロラン
P9290590_convert_20170930100306.jpg

カシワバハグマ
P9290608_convert_20170930100326.jpg

P9290609_convert_20170930100345.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。










2017-09-30 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山 【H29/9月】

先週に引き続き、今週も高尾山に行ってきました。今回は最近歩いていないコースを久々に歩こうとしましたので、お目当ての花はありませんでした。

歩いていないコースを歩いてみると花が少なかったです。やはり意識的にこのようなコースを避けていたのかなと思いました。花が少ないコースにもツルギキョウが咲いていました。この数年、高尾山一帯にツルギキョウが出て花を咲かせています。誰かが種を蒔いているのかなと疑ってしまいます。

高尾山に行っても山頂を踏むことは滅多にありません。山頂下のトイレのところまでは行きますが、山頂を巻いてしまいます。花探訪が目的なので山頂に行っても人混みだけなので敬遠しています。今回は電車の中から富士山が見えたので、久々に山頂に行き富士山を眺めようとしました。やはり秋になってきたなと感じました。昼前でも富士山が見えました。しかし、山頂は小学生の遠足の方々で満員でした。

秋を感じたのは富士山だけではなく、ツルリンドウも咲き終わったところに赤い実がありました。これからリンドウやセンブリの花が咲くと高尾にも本格的な秋が訪れるのだと思います。


ツルギキョウ
IMG_3828_convert_20170922053410.jpg

P9210562_convert_20170922053507.jpg

P9210558_convert_20170922053441.jpg

オクモミジハグマ
P9210566_convert_20170922053539.jpg

シモバシラ
P9210567_convert_20170922053614.jpg

キバナアキギリ
P9210571_convert_20170922053729.jpg

イヌショウマ
P9210568_convert_20170922064237.jpg

アキノキリンソウ
P9210575_convert_20170922053912.jpg

ツルリンドウの実     これからもっと色づいてきます。
P9210574_convert_20170922053840.jpg

ビナンカズラの実     秋から冬にかけて赤く色づきます。
P9210576_convert_20170922053953.jpg

高尾山の山頂からの富士山
P9210572_convert_20170922053801.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。






2017-09-22 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR