FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

憧れの花 めぐり会い 【2020/7月】

昨年の夏の観察会の際に、来年の開花時期にご案内しますと花友さんに言われ楽しみにしていたキンセイラン。よりによってコロナ禍の影響で、残念ながらご案内していただく機会がなくなりました。今年は仕方ないと思いました。キンセイランは何年も前から愛でてみたい花の一つでした。自分で探すには偶然しかなく、とても遠い花で憧れの花でした。

それから何日も過ぎてから、ちょつとした情報を耳にしました。それは憧れの花キンセイランの情報でした。もう遅いかも知れないと思いながら、その情報を信じて自生地と言われる場所を訪れました。梅雨空の暗い林の中を歩きました。ありましたキンセイランが。多くの株は既に花が終っていましたが、まだ綺麗に咲いた株もありました。下の方の花は終っても上の方には咲いた花が残っている株もありました。憧れていた花にようやくめぐり会いました。暗い梅雨空でしたが、嬉しさで胸がいっぱいでした。早く缶ビールが飲みたいという気分でした。

その後は降り出した雨の中、傘をさして次の観察場所へ向かいました。以前訪れて既に愛でたことのある花を観察をして早々に下山してバス停に向かいました。


キンセイラン    暗い林の中にひっそりと咲いていました。
IMG_0005_convert_20200711163431.jpg

長年憧れていた花にようやくめぐり会いました。
IMG_0014_convert_20200711163501.jpg

P7117277_convert_20200711163643.jpg

P7117275_convert_20200711163538.jpg

IMG_0003_convert_20200711163402.jpg

愛でたキンセイランの中で一番大きな株でした。花はほぼ終わりでしたが数輪の花が残っていました。
P7117314_convert_2020071116394.jpg

ヤワタソウ     沢沿いに咲いていました。初めて愛でる花でした。名前も分からず帰ってから調べたらヤワタソウと知りました。なんと絶滅危惧種の花でした。
P7117296_convert_20200711163721.jpg

セイタカスズムシソウ      名前にセイタカとありますがスズムシソウより大きいとは感じません。花を見てもスズムシソウとどこが違うかも分かりませんが、開花時期はスズムシソウより遅いのは確かです。
P7117302_convert_20200711163752.jpg

セイタカスズムシソウのほうが花の色が薄いような気がします。
P7117303_convert_20200711163831.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-07-12 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

梅雨空に咲くシロテンマ 【2020/7月】

このところ東京都のコロナ感染者は100人を超える日が続いています。感染しないためには3密を避ける生活を続け自己防衛するしかないような気がします。雨が降ったり止んだりの天気でしたが電車がガラ空きになる時間帯まで待って乗車しシロテンマに会いに行きました。

シロテンマは4年前にも出会っていますが、咲き終わった株と蕾の株でした。数日後に再訪すれば咲いたシロテンマに会えたはずですが、この時期は一発勝負なので再訪することなく他の花へと行ってしまいました。

今回は花友さんが仲間の方からシロテンマが出たという情報を得て、その情報をいただきました。さらに花友さんは先週下見に行き、週明けが見頃になるのではと連絡をしてくれました。花友さんは会員制観察会の仲間なので、情報をあげたり、もらったりしています。会員制観察会は先生の体調の関係でこの数年観察会は開催されていませんが、会員の人たちとの交流により多くの会員の方が花友さんとなり花の情報交換を行っています。

シロテンマは草丈30センチほどでした。4年前に見たときより低いのかなと思いました。一番下の花と上に咲いている花との間があいていましたので、そこのところに咲いていた花は咲き終わり落下したのか、それとも初めからあいていたのかは分かりませんでした。花の形はオニノヤガラに似ていました。暗い梅雨空の下にシロテンマは咲いていました。


シロテンマ
P7077234_convert_20200708140356_20200708140817013.jpg

IMG_6328_convert_20200707165730.jpg

IMG_6331_convert_20200707165801.jpg

IMG_6332_convert_20200707165830.jpg

IMG_6344_convert_20200707165900.jpg

P7077243_convert_20200707170014.jpg

P7077248_convert_20200707170041.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-07-08 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

マヤランは咲いていたがサガミランは空振り 【2020/7月】

マヤランを初めて愛でたのは高尾山の1号路でした。その後もいろはの森コースとかで愛でました。しかしいつの間にか消えてしまいました。そのことを裏付けるかのように「日本のラン ハンドブック」(文一総合出版)のマヤランには、個体群の消長は激しく、大きな株でも数年で消えてしまうことがあると書かれています。

近年でも高尾山では時たまどこどこに出たと情報が入りますが、訪れることなく下界の公園で愛でています。「高尾・奥多摩植物手帳」(新井二郎氏)のマヤランにも、高尾山よりも都市部の公園の林下に多いと書かれています。これまでに井の頭公園、神代植物園の入口近く、明治神宮、皇居東御苑などを訪れています。

梅雨の晴間の今回は井の頭公園での観察でした。マヤランは咲いていましたが、本命のサガミランは見つけられませんでした。サガミランの蕾と思われるものがありましたが、花を咲かせるにはまだ時間がかかりそうでした。何回か通えば愛でることができると思うのですが花の観察スケジュールが立て込んでいるので一発勝負となっています。井の頭公園でサガミランを愛でてから4年連続の空振りとなりました。


マヤラン
IMG_6317_convert_20200703113052.jpg

IMG_6318_convert_20200703113119.jpg

IMG_6319_convert_20200703113141.jpg

IMG_6320_convert_20200703113203.jpg

IMG_6322_convert_20200703113229.jpg

P7027232_convert_20200703113314.jpg

2016年7月5日に井の頭公園で愛でたサガミラン       
P7052824_convert_20200703135130.jpg

P7052836_convert_20200703135208.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-07-03 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

梅雨の晴間 ツチアケビ、キバナノショウキランに会いに 【2020/6月】

そろそろツチアケビやキバナノショウキランが咲く頃になってきましたが、今年は咲いたという情報が入ってきませんでした。梅雨空が続く昨今、久々に一日晴れるという日が来ました。こんなにいい天気の日には野山に出かけなければとツチアケビ、キバナノショウキランも咲いているだろうとの見込みで自生地を訪れました。

この時期は同じお目当ての方々が何人も歩いていました。先行で歩いていると道の端にツチアケビが咲いていました。写真を撮り始めたら、あっという間に5、6人が集まってきましたので3密を回避して先に進みました。そして次はキバナノショウキランが咲いていました。キバナノショウキランは毎年どこに出るか分からない神出鬼没の植物です。

更に進むとツチアケビが2か所で、キバナノショウキランは群生で出ていました。この日見たツチアケビはみな1本株でした。昨年咲いた大株はどこも出ていませんでした。キバナノショウキランの群生には驚きました。15、6株くらいありました。こんなに多くあるのを見るのは初めてでした。

山の中のベンチで昼食。ここも混んでいました。マスクを外しての食事なので離れたベンチを選びました。昼食後、下山しましたが途中で旧知の方と7か月振りにお会いしました。この方はこの山域の植物を知り尽くしています。しばらく立ち話をしました。群生しているキバナノショウキランの話をしたら、あの場所は昔も群生したことがあるところだと言ってました。せっかくお会いしたので自生している場所が分らず空振りが続いている春に咲く花についてお聞きし情報を頂きました。来年の春が楽しみになりました。

梅雨の晴間、お目当ての花とも出会えて気分爽快な一日でした。次の晴間にはどこへ行こうかな。サガミランも咲くころかな・・・。


ツチアケビ      最初に愛でた株です。これからが盛期になるようです。
IMG_6289_convert_20200630135537.jpg

二番目に愛でたツチアケビ    この株は陽当たりがよいためか一番多く花が咲いていました。
P6297204_convert_20200630160226.jpg

三番目に愛でたツチアケビ
IMG_6299_convert_20200630135630.jpg

腐生ランの中では鮮やかな花を咲かせます。
P6297191_convert_20200630140029.jpg

P6297193_convert_20200630140109.jpg

萼片、側花弁が黄褐色、唇弁は広卵形で黄色(日本のラン ハンドブックより)
P6297205_convert_20200630161657.jpg

キバナノショウキラン     富士山方面で見るキバナノショウキランに比べるとやや汚れている感じがします。時期によるものなのか?
IMG_6302_convert_20200630135656.jpg

IMG_6303_convert_20200630135746.jpg

IMG_6306_convert_20200630135811.jpg

IMG_6308_convert_20200630135838.jpg

IMG_6309_convert_20200630135903.jpg

IMG_6313_convert_20200630135932.jpg

IMG_6315_convert_20200630140004.jpg

これは汚れもなく綺麗な感じです。
P6297195_convert_20200630140157.jpg

黒い斑点のある花に寄ってみます。
P6297216_convert_20200630140602.jpg

こんなに開いた花を見るのは久しぶりです。
P6297225_convert_20200630140858.jpg

黒い斑点のような模様のところが唇弁で袋状になっているそうです。 袋の下が距のようです。 
P6297221_convert_20200630140719.jpg

アカショウマ
P6297209_convert_20200630140356.jpg

キツリフネ     先週、里山で見かけ早く咲いているなと思いましたが、この山域でも咲いていました。
P6297229_convert_20200630140922.jpg
2020-06-30 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

マヤラン、オオバノトンボソウ里山に咲く 【2020/6月】

例年、この時期に利用していたJRの大人の休日倶楽部バスが発売中止になりましたので遠方の山や高原にも行けなくなりました。また、昨年から計画していた花友さんの車に載せていただき遠出しての希少種の観察もコロナの影響で中止になりましたので、公共交通で行ける里山中心の観察が続いております。

まだ行ったことのなかった里山に出かけてきました。この里山は広大なところでした。登り始めていきなりオオバノトンボソウがあちらこちらにありました。今年はこれまでに何回もオオバノトンボソウとご対面していますが蕾のままで咲いたのには会えませんでした。ようやく花が咲いたオオバノトンボソウを愛でることができました。

広い里山を歩き回っていたら登山道の脇にマヤランが咲いていました。その後もマヤランは咲いていました。珍しいランではありませんが手軽に行ける里山で愛でることができるのは嬉しいものです。


マヤラン     例年、井の頭公園で愛でていますが、今年は里山で会えました。
IMG_6287_convert_20200628112537.jpg

P6277185_convert_20200628112805.jpg

P6277189_convert_20200628112934.jpg

P6277190_convert_20200628113033.jpg

P6277187_convert_20200628112904.jpg

オオバノトンボソウ     こんな感じの株が多かったです。
IMG_6283_convert_20200628112506.jpg

でも咲いた株もちらほらありました。ようやく咲いた花と巡り会いました。
P6277170_convert_20200628112606.jpg

ネジバナ      ネジバナが群生しているところもありました。花も奇麗です。
P6277180_convert_20200628112636.jpg

オカトラノオ
P6277182_convert_20200628112732.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-06-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR